最低賃金の上げ幅が史上最低に(ニュースde韓国語#119)

2021年度の最低賃金の時給が今年より130ウォン上がり、8720ウォンに決定した。引き上げ率の1.5%は、1988年に最低賃金制が導入されて以来、最も低い数値だ。
2021년도 최저임금 시급이 올해보다 130원 오른 8720원으로 결정됐다. 인상률 1.5%는 1988년 최저임금제가 도입된 이래 가장 낮은 수치다.
最低賃金委員会は政府世宗庁舎の最低賃金委の全員会議室で14日午前2時ごろまで続いた第9回全員会議で、公益委員全員と経営者委員の一部など16人が出席した中、公益委員らが提示した時給8720ウォン案を票決に付し、9対7で可決した。これは今年の8590ウォンから130ウォン上がったもので、月給(209時間)基準では182万2480ウォンに当たる。今年の179万5310ウォンから2万7170ウォンが引き上げられる。労働者委員9人全員と経営者委員2人は票決前に退場した。

최저임금위원회는 정부세종청사 최저임금위 전원회의실에서 14일 새벽 2시께까지 이어진 제9차 전원회의에서 공익위원 전원과 사용자 위원 일부 등 16명이 참석한 가운데 공익위원들이 제시한 시급 8720원안을 표결에 부쳐 9 대 7로 가결했다. 이는 올해 8590원에서 130원 오른 것으로, 월급(209시간) 기준으로는 182만2480원에 해당한다. 올해 179만5310원에서 2만7170원이 오른다. 근로자위원 9명 전원과 사용자위원 2명은 표결 전 퇴장했다.

文在寅政権が発足した後、最低賃金は2018年16.4%、2019年10.9%で2年連続二桁の引き上げ率を記録した後、2020年2.87%で一度上げ幅落ちたのに続き、来年は1.5%へ再び急落した。引き上げ率1.5%は、金融安定化時代の1998年9月~1999年8月期に適用された2.7%と、金融危機時の2010年分に適用された2.75%よりも低い数値だ。昨年から本格化した「最低賃金の速度調節」に今年コロナ危機という状況が加わったというが、二年連続一桁引き上げ率の決定に、労働界の激しい反発が予想される。

문재인 정부가 들어선 뒤 최저임금은 2018년 16.4%, 2019년 10.9%로 2년 연속 두 자릿수 인상률을 기록한 뒤, 2020년 2.87%로 한번 떨어진 데 이어 내년 1.5%로 또 다시 뚝 떨어졌다. 인상률 1.5%는 구제금융 때인 1998년 9월∼1999년 8월 치에 적용된 2.7%와 금융위기 때인 2010년 치에 적용된 2.75%보다도 낮은 수치다. 지난해부터 본격화한 ‘최저임금 속도조절’에 올해 코로나 위기라는 상황이 더해졌다곤 하나, 두해 연속 한 자릿수 인상률 결정에 노동계의 거센 반발이 예상된다.

原文:

ちょっと解説

日本ではほとんど日常生活で意識することのない「最低賃金」ですが、韓国では毎年、その上げ幅が大きく報じられます。決め方は日本とほぼ一緒ですが、日本と違うのは全国一律の値段であること。特にコンビニエンスストアなど、アルバイトがほぼ最低賃金そのものの時給で雇われているケースが多く、店舗や中小企業経営者にとっては死活問題ともいえるからです。

労働組合を主な支持基盤とする文在寅政権は、労働者の賃金上昇による経済活性化を公約に掲げ、最低賃金を大きく上昇させましたが、中小企業経営者からは大きな反発を買いました。今年はコロナもあり、史上最低の上げ幅となりましたが、労働組合関係者はもちろん、むしろ最低賃金の引き下げを主張していた中小企業経営者にとっても不満の残る決着だったようです。

音声はこちら

文字起こし全文

0コメント

  • 1000 / 1000