新型コロナの自宅隔離、違反者にGPS腕輪(ニュースde韓国語#RT15)

政府が導入した手首用安心バンドを着用させられる自宅隔離の無断離脱者が初めて出た。行政安全部のパク・ジョンヒョン安全コミュニケーション担当官は5月6日、中央災難安全対策本部の定例ブリーフィングで「5日18時現在で計2人が安心バンドを着用した」と伝えた。
정부가 도입한 손목용 안심밴드를 착용하게 된 자가격리지 무단이탈자가 처음으로 나왔다. 박종현 행정안전부 안전소통담당관은 6일 중앙재난안전대책본부 정례브리핑에서 “5일 18시 기준으로 총 2명이 안심밴드를 착용했다”고 알렸다.
政府は先月27日から隔離地を無断で脱出したり、保健所など当局の電話に応じない指針違反者に本人の同意を得て、安心バンドを着用させている。もしバンド着用を拒否した場合、自宅隔離から施設隔離に転換される。 費用は本人負担で、このような不利益とは別に1000万ウォン以下の罰金、または1年以下の懲役などの処罰を受けることもある。
정부는 지난달 27일부터 격리지를 무단으로 벗어나거나 보건소 등 당국의 전화에 불응하는 지침 위반자에게 본인 동의를 받고 안심밴드를 착용케 하고 있다. 만일 밴드 착용을 거부할 시 자가격리에서 시설격리로 전환된다. 비용은 본인 부담이며, 이 같은 불이익과 별개로 1000만원 이하의 벌금 혹은 1년 이하 징역 등의 처벌을 받을 수도 있다.
パク担当官によると、安心バンドを着用した初の事例となった2人は、大邱在住の60代男性A氏と、釜山在住の50代男性B氏で、それぞれ元妻と住民の届け出で隔離地離脱が摘発された。
박 담당관에 따르면 안심밴드 착용 첫 사례가 된 두 사람은 대구 거주 60대 남성 A씨와 부산 거주 50대 남성 B씨로, 각각 전 부인과 주민의 신고로 격리지 이탈이 적발됐다.
A氏は隔離地を離れて、元配偶者が経営する近くの喫茶店に立ち寄ったが、元配偶者の通報で逮捕された。パク担当官はこの男性が最初、安心バンドの着用を拒否したとし「施設隔離命令を受けた翌日、施設隔離執行をしに行く途中、安心バンドを着用して自宅隔離をすると言い、現在自宅隔離中」と伝えた。B氏は、自宅隔離中に近くの中学校を散歩していて、住民の届け出を受けて摘発された。
A씨는 격리지를 벗어나 전 배우자가 운영하는 인근 다방에 들렀다가 그의 신고로 붙잡혔다. 박 담당관은 이 남성이 처음에 안심밴드 착용을 거부했다며 ”시설격리 명령을 받은 다음 날 시설격리 집행을 하러 가는 중 안심밴드를 착용해 자가격리를 하겠다고 밝혀, 현재 자가격리 중”이라고 전했다. B씨는 자가격리 중 근처 중학교를 산책하다가 주민 신고를 받고 적발됐다.

原文:

音声はこちら

ちょっと解説

本文にある「安心バンド」は、GPSタグがついて位置情報の探索が可能なリストバンドです。

韓国政府は現在、海外からの帰国者などに、14日間の自宅隔離を義務づけています。外出は原則禁止で、専用アプリをスマホにインストールさせて位置情報を監視していますが、スマホを置いて外出するなど違反者が後を絶たず、こうした措置に踏み切ったものです。

#NDK110では、実際に日本から韓国に帰国した大学院生が、現在どんな自宅隔離生活を送っているかをインタビューしています。こちらとあわせてお聴き下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000