映画「パラサイト」に続編構想?(ニュースde韓国語#096)

※注意 映画「パラサイト」のネタバレがあります。

ポン・ジュノ監督と俳優ソン・ガンホが映画「パラサイト」の続編を製作する可能性に言及した。
ポン・ジュノ監督と俳優ソン・ガンホ、イ・ジョンウンは1月4日(現地時間)、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたイギリス映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)ティーパーティーのレッドカーペットに参加し、アメリカの芸能メディア「バラエティー」のインタビューに応じた。
봉준호 감독과 배우 송강호가 영화 ‘기생충’ 속편 제작 가능성을 언급했다.
봉준호 감독과 배우 송강호, 이정은은 4일(현지시각) 미국 캘리포니아주 로스앤젤레스에서 열린 영국영화TV예술아카데미(BAFTA) 티 파티 레드카펫 행사에 참석해 미국 연예매체 버라이어티와 인터뷰에 나섰다.
ポン監督はこの日、「いつ『パラサイト』の続編を見られるか」という質問に「15年後、引退する頃に作ってみようかと考えている」と言い「(ソン・ガンホと私の)最後の映画になるだろう」と答えた。インタビュー当時「パラサイト」側の通訳は「続編」という単語を「後続作品」と通訳して伝えたが、ポン監督は、質問の意図を把握して「パラサイト」の続編について答えた。
봉 감독은 이날 ”언제쯤 ‘기생충’ 속편을 볼 수 있냐”는 질문에 “15년 후 은퇴할 때쯤에 만들어 볼까 생각하고 있다”라며 ”(송강호와 나의) 마지막 영화가 될 것”이라고 답했다. 인터뷰 당시 ‘기생충’ 측 통역사는 ‘속편‘이라는 단어를 ‘후속작‘으로 통역해 전달했으나 봉 감독은 질문 의도를 파악하고 ‘기생충’ 속편에 대한 답변을 내놨다.
ボン監督は続いて「(ギテクは15年後にも)その地下室に閉じ込められ続けている」と言い「パラサイト」の結末にも言及した。「パラサイト」は、キム社長(イ・ソンギュン)を殺害したギテク(ソン・ガンホ)が警察の追跡を避けて、キム社長の家の地下室に隠れて暮らし、モールス符号で息子ギウ(チェ・ウシク)と連絡を取り合うという結末で幕を下ろす。
봉 감독은 이어 ”(기택은 15년 뒤에도) 계속 그 지하실에 갇혀 있을 것”이라며 ‘기생충‘의 결말을 언급하기도 했다. ‘기생충’은 김사장(이선균)을 살해한 기택(송강호)이 경찰의 추적을 피해 김사장네 집 지하실에 숨어 살며 모스 코드로 아들 기우(최우식)과 소통한다는 결말로 막을 내린다.
ソン・ガンホは「続編を見たいか」という問いに「イエス」と答えて、「その頃になれば、私は(地下室を)脱出しているんじゃないだろうか」と冗談を言った。これポン・ジュノ監督は「『半地下からの大脱出』になるだろう」と言葉を付け加えた。
송강호는 ”속편을 보고 싶냐”는 물음에 ”그렇다”라고 답하며 그때쯤이면 내가 (지하실을) 탈출하지 않았을까”라고 농담했다. 이에 봉준호 감독은 ”‘반지하로부터의 대탈출’이 될 것”이라고 말을 보탰다.

原文:

ちょっと解説

インタビューの動画はこちら。


おそらく(というより完全に)ジョークだとは思いますが、見てみたい気もします。

音声はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000