解体された元「4大財閥」大宇の元会長死去(ニュースde韓国語#092)

金宇中・元大宇グループ会長が12月9日夜11時50分頃、京畿道水原亜洲大病院で病気により他界した。享年83歳。
김우중 전 대우그룹 회장이 9일 밤 11시50분께 경기도 수원 아주대병원에서 숙환으로 세상을 떠났다. 향년 83살. 国外に滞在していた金元会長は、昨年末に健康悪化で帰国し、1年余り入院と通院を繰り返し闘病生活を続けてきた。彼は健康悪化により、この日の夕方、亜洲大病院に入院した。彼の症状はアルツハイマー病と分かった。彼は生前の遺志に基づいて延命治療を受けなかったという。
국외에 머물러온 김 전 회장은 지난해 말 건강 악화로 귀국해 1년여 입원과 통원을 반복하며 투병생활을 이어왔다. 그는 건강 악화로 이날 저녁 아주대병원에 입원했었다. 그의 증세는 알츠하이머병으로 알려졌다. 그는 평소 뜻에 따라 연명치료를 받지 않았다고 한다.
金前会長は1936年、大邱で生まれ京畿高校と延世大商学部を卒業した。彼は1966年まで漢城実業に勤務し、31歳だった1967年、当時の資本金500万ウォンで大宇実業を設立し、以後、現代グループに続き、資産規模国内第2位の企業集団を築き上げた。大宇グループは1990年代、金元会長の「世界経営」を旗印に急激に成長した。大宇が解体される直前の1998年、大宇の輸出額は186億ドルで、韓国の輸出額1323億ドルの14%ほどを占めた。
김 전 회장은 1936년 대구에서 태어나 경기고와 연세대 상대를 졸업했다. 그는 1966년까지 한성실업에서 근무하다 31살 때인 1967년 당시 자본금 500만원으로 대우실업을 설립했고 이후 현대그룹에 이어 자산 규모 국내 2위의 기업집단을 일궈냈다. 대우그룹은 1990년대 김 전 회장의 ‘세계경영’을 기치로 급격히 성장했다. 대우가 해체되기 직전 해인 1998년 대우의 수출액은 186억달러로, 한국 수출액 1323억달러의 14%가량을 차지했다.
大宇の「輸出神話」により、金元会長は、サラリーマンの理想像としてもてはやされた。彼は1969年、韓国企業としては初めて、オーストラリアのシドニーに海外支社を設立し、1975年には総合商社時代を開いた。以後、本格的に不振企業の買収を通じた事業拡大に乗り出した。1976年、韓国機械(大宇重工業)、1978年セハン自動車(大宇自動車)、大韓造船公社(大宇造船海洋)などを買収した後、短い時間で、経営正常化を成し遂げ、韓国の重化学工業をリードした。
대우의 ‘수출 신화’로 김 전 회장은 샐러리맨의 우상으로 대접받았다. 그는 1969년 한국 기업 최초로 오스트레일리아 시드니에 해외지사를 세웠고, 1975년에는 종합상사 시대를 열기도 했다. 이후 본격적으로 부실기업 인수를 통한 사업 확장에 나섰다. 1976년 한국기계(대우중공업), 1978년 새한자동차(대우자동차)·대한조선공사(대우조선해양) 등을 인수한 뒤 짧은 시간에 경영정상화를 일궈내 한국 중화학산업을 이끌었다.
1999年、グループの解体直前の大宇は系列会社を41社まで増やした。1998年に大宇グループの資産総額は76兆ウォンを超え、売上高は91兆ウォンに達した。出版6カ月で100万部が売れたエッセイ『世界は広くやることは多い』が出版されたのは1989年だった。
1999년 그룹 해체 직전 대우는 계열사를 41곳까지 늘렸다. 1998년 대우그룹의 자산총액은 76조원이 넘었고, 매출은 91조원에 이르렀다. 출간 6개월 만에 100만부가 팔린 에세이 <세계는 넓고 할 일은 많다>가 나온 해가 1989년이었다.
会社の規模は大きくなったが、不良債権の規模はさらに大きかった。グループ解体直前の1998年の負債規模は89兆ウォンに達し、資産総額よりも大きかった。構造調整の過程では、公的資金30兆ウォンが投入された。金融危機で流動性危機に陥った後、1999年8月に債権団の企業財務構造改善作業(ワークアウト)に入った後、グループは解体された。
사세가 커졌지만 부실의 규모는 더욱 컸다. 그룹 해체 직전인 1998년 부채 규모는 89조원에 달해 자산총액보다 컸다. 구조조정 과정에서는 공적자금 30조원이 투입됐다. 외환위기로 유동성 위기에 빠져든 뒤 1999년 8월 채권단의 기업재무구조개선작업(워크아웃)에 들어간 뒤 그룹은 해체됐다.

原文:

ちょっと解説

この後、グループ解体後に金元会長は粉飾会計や詐欺容疑などの刑事責任を問われましたが、海外に逃亡、2005年にベトナムから帰国して逮捕されました。2006年に懲役8年6カ月、罰金1000万ウォン、追徴金17兆9253億ウォンの判決が確定しましたが、2007年に盧武鉉大統領から特赦を受け釈放されました。

しかし、本人名義の資産がほぼないため、現時点で回収できたのは約892億ウォンと、0.5%以下の回収率にとどまっています。報道によれば、ソウル中央地検は、連帯責任を問われた大宇の元役員や金宇中氏の家族の相続遺産などから追徴することも検討しているとのことです。

2010年からはベトナムやインドネシアなど、東南アジアの青年実業家養成事業を始めていました。大宇は毎年、創業記念日に記念行事を開いていましたが、金元会長が出席したのは2017年が最後でした。

音声はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000