U2初韓国公演を飾ったソルリの顔(ニュースde韓国語#092)

バンドU2の初来韓公演が12月8日午後、ソウル高尺スカイドームで開かれた。1976年のバンド結成後、43年で実現した今回の公演には、約2万8000人の観客が参加した。そしてこの日、ステージのスクリーンにはソルリの顔が現れた。
밴드 U2의 첫 내한공연이 12월 8일 오후 서울 고척 스카이돔에서 열렸다. 1976년 밴드 결성 이후 43년 만에 성사된 이번 공연에는 약 2만 8천여 명의 관객들이 함께 한것으로 알려졌다. 그리고 이날 무대의 스크린에는 설리의 얼굴이 나타났다.
写真が現れる前に、U2のボーカル、ボノは「世界の女性たちが『歴史』(His Story)を『彼女たちの物語』(Her Story)にする日が、まさに美しい日(Beautiful Day)」と語った。スクリーンに浮かんでいた「History」が「Herstory」に変わった。
사진들이 나타나기 전, U2의 보컬 보노는 ”세계 여성들이 역사를 ‘허스토리’를 만드는 날이 바로 아름다운 날”이라고 말했다. 스크린에 떠 있던 ‘History’가 ‘Herstory’로 바뀌었다.
ソルリの顔だけが出てきたわけではない。ナ・ヘソク、ソ・ジヒョン検事、キム・ジョンスク女史、そして何人もの海女たちの顔が見えた。韓国初の民間女性飛行士・朴敬元、韓国第1号の女性弁護士イ・テヨン博士、韓国最年少のサッカー国際審判出身ホン・ウナ梨花女子大教授、バイオリニストのチョン・ギョンファ、犯罪心理学者イ・スジョン京畿大教授の顔も登場した。
설리의 얼굴만 나온 건 아니다. 나혜석, 서지현 검사, 김정숙 여사, 그리고 여러 해녀들의 얼굴이 보였다. 한국 최초의 민간 여성 비행사 박경원, 대한민국 1호 여성 변호사 이태영 박사, 국내 최연소 축구 국제심판 출신 홍은아 이화여대 교수, 바이올리니스트 정경화, 범죄심리학자 이수정 경기대 교수의 얼굴도 등장했다.
また、全世界の女性活動家たちの顔も現れた。ボノは「ウルトラ・バイオレット」(Ultraviolet)という曲を歌った。この歌は、「目から涙を拭いて、君が強くなければならないと知っているだろう」という歌詞を含んでいる。
또한 전 세계 여성 활동가들의 얼굴도 나타났다. 보노는 ‘울트라바이올렛’(Ultraviolet)이란 곡을 불렀다. 이 노래는 “눈에서 눈물을 닦고 네가 강해져야 한다는 것을 알잖아”라는 가사를 담고 있다.
歌が終わる頃には、別のメッセージがスクリーンに現れた。「私たちすべてが平等になるまでは、私たちは誰も平等ではない」
노래가 끝날 무렵에는 또 다른 메시지가 스크린에 나타났다. “우리 모두가 평등해질 때까지는 우리 중 누구도 평등하지 않다.”
「京郷新聞」の報道によると、公演関係者は「ソルリをはじめとする女性に捧げたこのステージは、U2側が直接、SNSなどを介して情報を収集してつくったもの」だと述べた。
‘경향신문’의 보도에 따르면, 공연 관계자는 “설리를 비롯한 여성들에게 헌정한 이 무대는 U2 측이 직접 사회관계망서비스(SNS) 등을 통해 정보를 수집해 꾸민 것”이라고 말했다.

原文

ちょっと解説

本文に登場したステージの画像と音楽は、こちらで見られます(およそ6分30秒あたりから)。

나혜석(羅蕙錫、1896-1948)は韓国の女性画家、詩人、ジャーナリスト。独立運動家。女性解放を唱えた第一人者でした。

김정숙女史は、ここでは文在寅大統領の夫人を指します(ちなみに金正日総書記の母親も同名)。今回の公演を観覧しに来場していました。

서지현検事については、#NDK061で紹介しています。

ソ・ジヒョン検事はU2の画面に登場したとの知らせを聞いて、「体と心が辛く、すべてを断絶したまま過ごしている私の姿をさらすのがはずかしいばかりだ」「体と心の回復のため、なるべくニュースに接しないでいようとしているが、一度ニュースを見ると、だんだんひどくなる現実に悩みが大きくなる」とFacebookに書いています。

설리については#NDK084で紹介しました。

公演の翌日、ボノは文在寅大統領と面会しました。#RT07で詳しく紹介していますのでご覧下さい。

音声はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000