南北首脳会談で流れた往年の名曲(ニュースde韓国語#090)

2018年4月27日、文在寅大統領と金正恩・北朝鮮国務委員長が会った席で話題になった曲は、ソテジワアイドゥルの「渤海を夢見て」だった。1994年にリリースされたソテジワアイドゥルの3rdアルバムのタイトル曲だったこの歌は、統一のメッセージを込めた。4月27日の南北首脳会談では、晩餐会を終えた両首脳夫妻が板門店の平和の家の前に出てくる瞬間、「渤海を夢見て」がかかるように演出した。
지난 2018년 4월 27일, 문재인 대통령과 김정은 북한 국무위원장이 만난 자리에서 화제가 된 노래는 서태지와 아이들의 ‘발해를 꿈꾸며‘였다. 1994년에 나온 서태지와 아이들 3집 타이틀곡이었던 이 노래는 통일에 대한 메시지를 담았다. 4.27 남북정상회담에서는 만찬을 끝낸 양 정상 내외가 판문점 평화의 집 앞으로 나오는 순간, ‘발해를 꿈꾸며’가 나오도록 연출했다.
当時の行事を演出したタク・ヒョンミン大統領イベント企画諮問委員は11月18日、「渤海を夢見て」にまつわるビハインドストーリーを明らかにした。
당시 행사를 연출한 탁현민 대통령 행사기획 자문위원은 11월 18일, ‘발해를 꿈꾸며’에 얽힌 비하인드 스토리를 밝혔다.
この日放送されたtvN「キム・ヒョンジョンのセンタービュー」に出演したタク・ヒョンミン委員は「当時、ソテジに歌の使用に関する許諾を受けられなかった」と述べた。「どのような行事に使われるのか、事前に言うことができなかったから」だ。「行事が終わった後も(事前に許諾を受けていないことが)心の重荷だった」と言った彼は、 「周辺から、あの歌を使ってありがたいという話をあまりにたくさん聞いたので、ソテジ氏にどのような形でもありがとうという言葉を言いたかった。もしかしたら(許諾を求めていないことについて)気分を害した場合、謝罪をしたかった」と説明した。
이날 방송된 tvN ‘김현정의 쎈터:뷰’에 출연한 탁현민 위원은 ”당시 서태지에게 노래 사용에 대한 허락을 받지 못했다”고 말했다. ”어떤 행사에 쓰일 건지 미리 말할 수 없었기 때문”이다. ”행사가 끝난 후에도 (미리 허락을 받지 못한 것이) 마음의 짐이었다”고 말한 그는 ”주변에서 그 노래를 써서 고맙다는 이야기를 너무 많이 들어서 서태지씨에게 어떤 형태로든 감사했다고 말을 하고 싶었다. 혹시 (허락을 구하지 않은 것에 대해) 기분이 나빴다면 사과를 하고 싶었다”고 설명했다.
タク・ヒョンミン委員はこの日の放送で、実際に紆余曲折の末、ソテジに会って交わした対話について話した。ソテジ氏がにっこり笑って 「私は20歳の時、『渤海を夢見て』を書いたけど、あのときあの音楽を、私がなぜ書いたのか、どんな意味を込めたかったのか、そしてどのように歌われることを望んだか、あの日あの場ですべて見せてくれたようだ... 」(こう言って)とても感動的だった。
탁현민 위원은 이날 방송에서 실제 우여곡절 끝에 서태지와 만나 나눈 대화에 대해 이야기했다. 서태지씨가 씩 웃으시면서 ”내가 스무살 때 발해를 꿈꾸며를 썼는데, 그때 그 음악을 내가 왜 썼는지, 어떤 의미를 담고 싶었는지, 그리고 어떻게 불려지기를 원했는지, 그날 그 자리에서 다 보여준 것 같다...” (이렇게 말했다) 너무 감동적이었다.
「キム・ヒョンジョンのセンタービュー」によると、当時、タク・ヒョンミン委員はソテジとの別の作業を準備していたと明らかにした。金正恩委員長の答礼訪問があった場合、ソテジが自ら「渤海を夢見て」を歌う公演を企画したのだ。タク委員は、実際に「様々な調整と映像処理などを進めていた」として「もし私がその仕事(金正恩委員長の答礼訪問行事)をすることになれば、ぜひ入れたいコンテンツ」と明らかにした。
‘김현정의 쎈터:뷰‘에 따르면, 당시 탁현민 위원은 서태지와의 또 다른 작업을 준비했다고 공개했다. 김정은 위원장의 답방이 있을 경우, 서태지가 직접 ‘발해를 꿈꾸며’를 부르는 공연을 기획한 것. 탁 위원은 실제 ”여러 조율과 영상 작업 등을 진행했었다”며 ”만약 내가 그 일(김정은 위원장의 답방 행사)을 하게 된다면, 꼭 넣고 싶은 컨텐츠”라고 밝혔다.

原文:

ちょっと解説

90年代の新世代ポップアイコン、ソテジが1994年に世に放った作品は、若い世代の南北統一観を正面から問う歌でした。

バックで踊っていた2人のうちの1人は、ご存じ現YGエンターテイメント代表のヤン・ヒョンソク氏です。

トークの中で触れたレッド・ベルベットの北朝鮮公演については、#NDK006をご覧下さい。

音声はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000