ク・ハラ、ソルリの早すぎる死にイ・ヨンエが思うこと(ニュースde韓国語#RT06)

俳優イ・ヨンエが、相次ぐ芸能界の悲報についての思いを伝え、故ク・ハラと故ソルリに哀悼の意を表した。ニュース1などによると、イ・ヨンエは11月25日、ソウル中区ウェスティン朝鮮ホテルで開かれた、映画「私を探して」の公開記念インタビューに参加した。
배우 이영애가 잇따른 연예계 비보에 대한 생각을 전하며 故 구하라와 故 설리에게 애도의 뜻을 표했다. 뉴스1 등에 따르면 이영애는 25일 서울 중구 웨스틴조선호텔에서 열린 영화 ‘나를 찾아줘’ 개봉 기념 인터뷰에 참석했다.
この日、イ・ヨンエは「とても心が痛い。あの子もソルリとという子と親しかったんじゃないか」と言い「あまりに早くデビューをすると、すぐ揺さぶられてしまう」と、2人のために哀悼の意を表した。
이날 이영애는 ”너무 마음이 아프다. 그 친구가 또 설리라는 친구와 친하지 않았나”라며 ”너무 일찍 데뷔를 하면 금방 흔들릴 수가 있다”고 두 사람에 대한 애도의 뜻을 표했다.
また、彼女は「芸能人は風船のような存在だと思う」と言い「人々は、彼らに向かって『かっこいい』と言いながら、紐を握らないまま空の上へと飛ばしてしまう。本人の存在感を自ら感じられない年齢にそれを経験する。そうするうちに針1本で破裂してしまうこともある。あまりに若い年齢でデビューすると、周辺に揺さぶられることもある」と、芸能人たちの極端な選択についての思いを伝えた。
또 그는 ”연예인은 풍선 같은 존재라고 생각한다”면서 ”사람들은 이들을 향해 ‘멋있다’고 말하면서 끈을 잡지 않은 채 하늘 위로 띄워 보낸다. 본인의 존재감을 스스로 느끼지 못할 나이에 그걸 경험한다. 그러다가 바늘 하나에 터져버릴 수가 있다. 너무 어린 나이에 데뷔하면, 주변에 흔들릴 수도 있다”고 연예인들의 극단적 선택에 대한 생각을 전했다.
イ・ヨンエは「とても残念だ。本当に麗しい年齢なのに」として「若くしてデビューすると考える時間がない。自分を考える時間がたくさん必要だ」と残念がった。
이영애는 ”너무 안타깝다. 참 꽃다운 나이인데”라며 ”일찍 데뷔하면 생각할 시간이 없다. 본인을 생각하는 시간이 많이 필요하다”라고 안타까워 하기도 했다.
彼女は、自分が芸能活動をして経験した苦しい瞬間も明らかにした。イ・ヨンエは「社会生活を芸能界から始めた」として「若い年齢のときに他人に苦しめられ、こんな社会で自分をうまくコントロールできる年齢になっていないときは、人との関係が最も苦しい。誰もが一度は乗り越えなければならない疾風怒涛の時期があるじゃないか。芸能界はもうちょっと大変なので、自分自身をしっかり立てられる何かを見つけないといけない」と伝えた。
그는 자신이 연예 활동을 하며 겪었던 힘든 순간들도 밝혔다. 이영애는 ”사회 생활을 연예계에서 시작했다”며 ”어린 나이에 사람들에게 시달리고 이런 사회에서 스스로 추스를 수 있는 나이가 안 됐을 때는 사람과의 관계가 가장 힘들다. 누구나 한번쯤은 겪고 가야 할 질풍노도의 시기가 있지 않나. 연예계가 조금 더 힘들기 때문에 스스로를 제대로 세울 수 있는 무언가를 찾아야 할 것 같다”라고 전했다.
このような心の揺れを克服した方法としては、散歩を挙げた。彼女は「時間が経てば大したことではないのに、そのときだけは、その人にとっては絶体絶命の瞬間だ」として「私はただひとりで耐えた。酒で治すのはとても危険なことだ。主に仕事で治したように思うけど、最近は散歩するのが好きだ」と話した。
이 같은 마음의 흔들림을 극복한 방법으로는 산책을 꼽았다. 그는 ”시간이 지나면 별일이 아닌데 그때 만큼은, 그 사람에게는 절체절명의 순간일 것”이라며 ”저는 그냥 스스로 견뎠다. 술로 치유하는 건 너무 위험한 일이다. 주로 일로 치유했던 것 같고, 요즘은 산책하는 걸 좋아한다”고 말했다.

原文:

ちょっと解説

相次ぐ韓国芸能界の悲報に胸が痛むばかりですが、ク・ハラは元交際相手の男性を、携帯電話で撮影された写真をもとに脅迫されていたとして刑事告訴するなど、トラブルを抱えていました。男性は在宅起訴されましたが、今年8月の地裁判決では、性的暴行(携帯で写真撮影したこと)については無罪、脅迫などその他については執行猶予付き有罪判決が出され、控訴審が進行中でした。

ソルリについてはNDK084で取り上げています。詳しくはこちら。

音声はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000