李ジャスミン氏、正義党に入党(ニュースde韓国語#089)

自由韓国党の前身であるセヌリ党所属の国会議員として活動していた李ジャスミン氏が11日、正義党入党式を行った。李前議員は、この場で正義党人権特別委員長に任命された。
자유한국당의 전신인 새누리당 소속 국회의원으로 활동했던 이자스민이 11일 정의당 입당식을 가졌다. 이 전 의원은 이 자리에서 정의당 인권특별위원장에 임명됐다.
シム・サンジョン正義党代表は、李前議員の過去の活動に関連して「差別を受ける少数者を代弁するという点で、いつも同じ側だと思った」と話した。 심상정 정의당 대표는 이 전 의원의 과거 활동과 관련해 ”차별받는 소수자를 대변한다는 점에서 늘 같은 편이라고 생각했다”고 말했다. イ・ジャスミンは「誰かを応援するなら、静かに応援しないでほしい」と、入党の感想を以下のように述べた。
이자스민은 ”누군가를 응원한다면 조용히 응원하지 말아달라”며 입당 소감을 아래와 같이 밝혔다. 「韓国の人口の4〜5%程度が移住民だが、まだ韓国社会で弱者だ。経験、文化、様々なことにおいて差別的要素が作用する。移住民の普遍的な基本的権利について誰も話さない。誰かがしなければならないことで、私を支援してほしい。九老、永登浦、大林洞などで存在感なく暮らしている大韓民国の移住民のために仕事をする」(11月11日、ニュース1)
″우리나라 인구의 4~5% 정도가 이주민이지만 아직 우리사회에서 약자다. 경험, 문화 여러가지에 있어 차별적 요소가 작용한다. 이주민들의 보편적 기본적 권리에 대해 아무도 이야기를 하지 않는다. 누군가는 해야할 일이고, 제가 할 수 있도록 도와줬으면 좋겠다. 구로, 영등포, 대림동 등지에서 존재감 없이 살아가는 대한민국의 이주민들을 위해서 일하겠다” -(11월 11일, 뉴스1)

原文:

ちょっと解説

李ジャスミン氏はフィリピン出身。韓国人男性と結婚して韓国籍を取得し、2012~16年に当時の与党だった保守政党のハンナラ党(現・自由韓国党)から総選挙に比例代表で立候補、1期務めました。しかし、前回2016年総選挙では公認されず。

人となりについては日本語のインタビュー記事をご覧下さい。

音声はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000