受験エリート高校制度を2025年に全廃(ニュースde韓国語#088)

2025年から自律型私立高校・外国語高校・国際高校は、すべて一般的な高校に変わる。2025年は、現在の小学校4年生が高校に入学する年だ。来年から一般高校の切り替えが決まった4校を除く自私高38校、外国語高校30校、国際高校7校など75校は2025年2月まで、各学校の地位を維持することになる。
2025년부터 자율형사립고·외국어고·국제고가 모두 일반고등학교로 바뀐다. 2025년은 현재 초등학교 4학년이 고등학교에 입학하는 해다. 내년부터 일반고 전환이 결정된 4곳을 제외한 자사고 38곳, 외고 30곳, 국제고 7곳 등 75개 학교는 2025년 2월까지만 각 학교 지위를 유지하게 된다.
この案が実行されると、外国語高校(1992年導入)は33年、国際高校(1998年導入)は27年、自私高(2001年導入)は24年で消えることになる。外国語高校と自私高などが1970年代、高校平準化で地域ごとの名門高などが消えた後、エリート教育を行ってきたことを考えると、この案により、事実上、完全な高校平準化が実現されるという評価も出ている。
이 방안이 실행되면 외고(1992년 도입)는 33년만에, 국제고(1998년 도입)는 27년. 자사고(2001년 도입)는 24년 만에 사라지게 된다. 외고와 자사고 등이 1970년대 고교평준화로 지역별 명문고 등이 사라진 뒤 엘리트 교육을 수행해왔음을 감안하면, 이 방안으로 인해 사실상 완전한 고교 평준화가 실현된다는 평가도 나온다.
ユ・ウネ副首相兼教育部長官は7日、政府ソウル庁舎でこのような内容を盛り込んだ 「高校序列化解消と一般高校教育能力強化策」を発表した。教育部は、自私高・外国語高校・国際高校が、設立趣旨とは異なる学校間の序列を作り、塾通いを激化させるなど不平等を誘発していると判断した。
유은혜 부총리 겸 교육부장관은 7일 정부서울청사에서 이같은 내용을 담은 ‘고교 서열화 해소 및 일반고 교육 역량 강화 방안’을 발표했다. 교육부는 자사고·외고·국제고가 설립취지와 다르게 학교 간의 서열화를 만들고, 사교육을 심화시키는 등 불평등을 유발한다고 판단했다.
ユ副首相は、「高校は実質的に一流、二流で序列化され、高校進学競争が激しくなり、保護者の教育費負担は増加し、学校間、生徒の間で違和感が生まれるなどの問題が発生した」として「高校進学から大学入試までの不公正をなくして、高校教育能力全体を高めるために、複雑な高校体制を単純化したい」と強調した。
유 부총리는 ”고등학교는 사실상 일류-이류로 서열화되고, 고등학교 진학경쟁이 심화되어, 학부모님들의 사교육비 부담은 커지고, 학교 간, 학생 간에 위화감이 조성되는 등의 문제가 발생했다”며 ”고등학교 진학부터 대학입시까지의 불공정성을 없애고, 고등학교 교육역량 전체를 높이기 위해, 복잡한 고교체제를 단순하게 바꾸고자 한다”고 강조했다.
教育部は、自私高、外国語高校などを廃止する代わりに、5年間で約2兆以上を支援し、一般高校の競争力を強化する計画だ。2025年から教育部は、全国の高校を対象に、高校単位制を実施する。高校単位制は、大学のように高校生も進路・学習レベルに合わせて科目を選択する制度だ。教育部は、高校単位制を通じて特別目的高校などに依存していた「学校単位のエリート教育」から「学校内エリート教育」に転換するという構想だ。
교육부는 자사고, 외국어고 등을 폐지하는 대신 5년간 약 2조 이상을 지원해 일반고의 경쟁력을 강화한다는 계획이다. 2025년부터 교육부는 전국 고교를 대상으로 고교학점제를 실시한다. 고교학점제는 대학처럼 고교생도 진로·학습수준에 맞춰 과목을 선택하는 제도다. 교육부는 고교학점제를 통해 특목고 등에 의존했던 ‘학교 단위의 수월성 교육‘에서 ‘학교 내 수월성 교육’으로 전환한다는 구상이다.

原文:

ちょっと解説

曺国・前法相を巡る、娘の大学入試の不正疑惑が発端となり、文在寅大統領は大学入試制度の抜本的な改革を指示していました。その前段として、「特目高」や「自私高」と呼ばれる受験エリート高校の出身者が入試で有利なのかを政府が調査しており、今回はその結果を受けた改革案です。

用語についてはこちらを参照。

특목고 【特目高】
もともとは1973年に実業系高校として生まれたのが、1983年に科学高校、1992年に外国語高校、1993年に芸術、体育高校、1998年に国際高校が誕生。科学、外国語、国際の3系列が名門進学校化している。
자사고 【自私高】
「自律型私立高校」の略。2009年から指定され始めた制度。韓国では私立高校も公立並みの財政支援を受ける代わりに、カリキュラムや生徒募集も教育庁の傘下で公立並みに運営されている。これが一般高。これに対し、公的支援を減らし、財政的に自律する代わりに、生徒募集やカリキュラムに一定の自主性を認められているのが自私高。つまり学費が高い分、質の高い教育が受けられるとして、急速に名門進学校化している。

音声はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000