映画「82年生まれ、キム・ジヨン」予告編を公開(ニュースde韓国語#RT01)

同名のベストセラーを原作とする映画「82年生まれキム・ジヨン」の予告編が公開された。 俳優チョン・ユミとコン・ユが主役を演じる「82年生まれキム・ジヨン」は、1982年に生まれ、2019年の今日を生きていくキム・ジヨン(チョン・ユミ)の「皆が知っているが、誰も知らなかったあなたの物語」を描く。
동명의 베스트셀러를 원작으로 하는 영화 ‘82년생 김지영’의 예고편이 공개됐다. 배우 정유미와 공유가 주연을 맡은 ‘82년생 김지영’은 1982년 태어나 2019년 오늘을 살아가는 김지영(정유미)의 ‘모두가 알지만 아무도 몰랐던 당신의 이야기’를 담는다.
27日に公開された予告編は、「たまには幸せだったりもします。またある時は、どこかに閉じ込められているような気がします」と言って、原因不明の不安や漠々とした気持ちを吐露するジヨンの1日から始まる。 夫デヒョン(コン・ユ)は、「子ども1人生まれるからって大きく変わらない」、「僕が(家事を)たくさん手伝うから」と悪意のない発言をしたり、「君が時々、別の人になる」と冷たく言ったりしている。 このように、疲れたジヨンの日常が続くが、予告編の末尾に「あなたがしたいことをしなさい」とジヨンを力いっぱい抱いてくれるお母さんの姿は、「82年生まれキム・ジヨン」が伝える共感と慰めの端緒を提供している。
27일 공개된 예고편은 “가끔은 행복하기도 해요. 또 어떤 때는 어딘가 갇혀있는 기분이 들어요”라며 원인 모를 불안과 막막함을 토로하는 지영의 하루로 시작한다. 남편 대현(공유)은 “애 하나 생긴다고 크게 달라지겠나”, “내가 (집안일을) 잘 도와주겠다”는 속없는 소리를 하거나 “네가 가끔 다른 사람이 돼”라며 차갑게 말하곤 한다. 이처럼 고달픈 지영의 일상이 계속되지만, 예고편 말미 “너 하고픈 것 해”라며 지영을 꽉 안아주는 엄마의 모습은 ‘82년생 김지영’이 전할 공감과 위로의 단서를 제공한다.
2017年に「82年生まれキム・ジヨン」の映画化が発表され、2018年には主人公ジヨンとデヒョン役を演じる俳優が発表された。しかし、その後、まだ封切りもしていない映画に評点テロ(わざと悪評を残して最低点を与えること)が加えられ、主演を務めたチョン・ユミのインスタグラムには批判コメントが続いた。映画は10月封切りが確定した。
2017년 ‘82년생 김지영’의 영화화 소식이 발표됐고, 2018년에는 주인공 지영과 대현 역을 맡을 배우들이 공개됐다. 그러나 이후 아직 개봉도 하지 않은 영화에 평점 테러가 가해지고, 주연을 맡은 정유미의 인스타그램에 비판댓글이 이어지기도 했다. 영화는 10월 개봉을 확정했다.

原文:

ちょっと解説

今回から音声アプリ「Radiotalk」で「ニュースde韓国語extra」の配信を始めました。

12分一本勝負で、本家のPodcastとは違うエピソードを配信していきます。

これまで何度も紹介している大ヒット小説「82年生まれ、キム・ジヨン」ですが、映画の10月公開が決まり、予告編やポスターなどが小出しに宣伝されています。

こちらで見ることができます。

音声はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000