「サメの家族」アメリカで人気(ニュースde韓国語#049)

子供と親たちによく知られている童謡「ピンク・フォン サメの家族」が、YouTubeで累積再生回数10億回を超えた。

「ピンク・フォン サメの家族」は、韓国のインターネットサービス業者の「スマートスタディ」が2015年に制作した童謡アニメだ。 色とりどりのかわいいサメのキャラクターが登場し、子供たちにたくさん愛されている。  

아이들과 부모들에게 잘 알려진 동요 '핑크퐁 상어가족'이 유튜브에서 누적 조회수 10억건을 넘어섰다. 

'핑크퐁 상어가족'은 한국의 인터넷 서비스업체인 스마트스터디가 2015년 제작한 동요 만화다. 알록달록 귀여운 상어 캐릭터가 등장해 아이들의 사랑을 많이 받고 있다. 

ファイナンシャルニュースによると、2016年の1年間、韓国内の利用者が最もたくさん見たYouTubeの動画1位、国内3大主要音源サイトの童謡チャート1位に同時ランクインした。 秋夕の連休(3日)には、人気アイドルの新曲を抜いて(音源サイト)メロンの「急上昇チャート」1位になった。 

この童謡が人気の最大の理由は「中毒性」だ。 歌詞さえ見れば、なぜなのかすぐ分かる。 

 파이낸셜뉴스에 따르면 2016년 한 해 동안 국내 이용자가 가장 많이 본 유튜브 영상 1위와 국내 3대 주요 음원 사이트 동요 차트 1위에 동시 등극했다. 지난 추석 연휴(3일)에는 인기 아이돌의 신곡을 제치고 멜론 '급상승 차트' 1위를 차지하기도 했다. 

이 동요가 인기 있는 가장 큰 이유는 '중독성'이다. 가사만 보면, 왜 그런지 그냥 알 수 있다.

原文:

ちょっと解説:

記事は2017年10月の記事です。その後、2019年1月にアメリカ・ビルボードのシングルチャート「HOT100」にランクイン。5週にわたって30位台を行き来しています。

ビルボードによると、2018年に入ってインドネシアでネットで大流行。ビルボードの童謡デジタルセールスチャートや、ストリーミングチャートにランクインします。 

2年前の曲だったので、HOT100にランクインするには、一定のポイントを蓄積する必要がありました。さらに、2019年の1月に入ると、有名歌手らのクリスマスソングがランクダウン。これらの要素が積み重なり、ランクインとなったようです。

BTSのジミンやTWICE、レッド・ベルベットなど、K-POPの踊っている動画も次々アップされており、 

(参考:https://www.billboard.com/articles/columns/k-town/8493266/15-k-pop-stars-who-performed-baby-shark

アメリカでは人気R&B歌手のKardiBが「娘のお気に入り」として踊ってみるなど、じわじわと広がりました。


ネット視聴が大きく反映される最近のビルボード。ニールセンミュージックの集計では、1月3日付でストリーミング再生回数2億800万回(アメリカ国内)、YouTubeでの再生回数21億回(世界)と、やはりネットでの視聴がHOT100躍進の大きな要因となっているようです。

ちなみにビルボードのHOT100にランクインした韓国系楽曲を最高位順にまとめると、"Baby Shark"はPSYやBTSに続く順位になっています。

 2. Psy "Gangnam Style"(31wks) - 2012

 5. Psy "Gentleman"(15wks) - 2013

10. BTS "Fake Love"(6wks) - 2018

11. BTS feat. Nicki Minaj "Idol"(3wks) - 2018

26. Psy feat. Snoop Dogg "Hangover"(1wk) - 2014

28. BTS feat. Desiigner "MIC Drop" (Steve Aoki remix)(10wks) - 2017

32. Pinkfong "Baby Shark" (5wks)


0コメント

  • 1000 / 1000