旧正月の単語・ことわざを言い換えよう(ニュースde韓国語#049)

ソウル市女性家族財団が名節で改善すべき「性差別言語と慣用表現」を発表した。聯合ニュースによると、市民が提案した522件のうち、専門家の諮問を経て改善対象と代替が選ばれた。 

서울시여성가족재단이 명절에 개선해야 할 ‘성차별 언어와 관용 표현’을 발표했다. 연합뉴스에 따르면, 시민이 제안한 522건 가운데 전문가 자문을 거쳐 개선 대상과 대안이 선정된 것이다. 

 家内→配偶者 

(男性は社会生活をして、女性は家の中で働くという固定観念から始まった言葉だから) 

집사람, 안사람, 바깥사람 → 배우자

 (남성은 사회생활을 하고, 여성은 집안에서 일한다는 고정관념에서 비롯된 말이기 때문.)

外助・内助→配偶者のサポート、配偶者の助け  

외조, 내조 → 배우자의 지원, 배우자의 도움

主婦→サルリムクン(所帯を受け持つ人)

(主婦の婦は嫁や妻など女性を意味するので、男性も主婦になることができるという意味で「サルリムクン」が代わりに提示された) 

 주부 → 살림꾼 

(주부의 ‘부’(婦)는 ‘며느리’ ‘지어미’ ‘아내’ 등 여성을 의미하기 때문에, 남성도 주부가 될 수 있다는 의미에서 ‘살림꾼’이 대안으로 제시됨.)  

親家→父の実家 外家→母の実家 

(親家には親しいという意味が、外家は外側という意味が込められており、父の血統を重視した家父長制の名残であるため改善対象に選ばれた)  

친(親)가 → 아버지 본가 외(外)가 → 어머니 본가

 (친가에는 친하다는 의미가, 외가에는 바깥이라는 의미가 담겨있어 아버지 혈통을 중시했던 가부장제의 잔재이기 때문에 개선 대상으로 꼽힘.) 

 丈人、丈母、義父、義母→お父様やお母様 

장인, 장모, 시아버지, 시어머니 → 어머님이나 아버지  

未亡人→故〇〇の配偶者

(未亡人は「未だ死んでいない人を意味しているため) 

미망인 → 고 ○○○의 배우자

(미망인은 ‘아직 죽지 못하는 사람’을 뜻하기 때문.) 

 未婚の母→非婚の母

미혼모 → 비혼모

使ってはならない性差別的ことわざと慣用表現

쓰지 말아야 할 성차별적 속담과 관용 표현  

男は金、女は顔 

男性は財力を持って家族を食べさせ、女性は補助的な存在で美しいのが最高だという家父長的偏見がこもった言葉だ

남자는 돈, 여자는 얼굴 

: ‘남성은 재력을 갖춰야 가족을 먹여 살리고, 여성은 보조적인 존재로 예쁜 게 최고다’라는 가부장적 편견이 담긴 말이다.

男は人生で3回しか泣いてはいけない 

生まれた時、両親を亡くした時、国を失った時くらいの「大きなことがないと男性は泣いてはいけない」という否定的なイメージを固定化する。 

 남자는 일생에서 세번만 울어야 한다 

: 태어날 때, 부모님을 보냈을 때, 나라를 잃었을 때 정도로 ‘큰일이 있어야만 남성은 울어도 된다’는 부정적 이미지를 고착화한다.  

憎らしい嫁、祭事の時に病気になる

憎らしい人が憎らしいことをするという意味で「祭事の準備は当然嫁がやらなくてはならない」という偏見がもとになっている言葉だ  

미운 며느리 제삿날 병난다 : 미운 사람이 미운 짓만 골라 한다는 뜻으로 ‘제사 준비는 당연히 며느리가 해야 한다’는 편견이 깔려 있는 말이다.

原文:


ちょっと解説:

韓国は旧正月の連休でした。

この時期は故郷に親族が集まり、正月料理を食べながら団欒というのが一般的です。高速道路は帰省ラッシュで大渋滞。「民族大移動」とも呼ばれます。

一方で、食事を作るのは妻や女性といった役割分担が固定化されていることに、最近は反発の声も上がるようになりました。

2018年の旧正月で、そんな場面を紹介したのが#NDK010で取り上げたテレビ番組「不思議の国の嫁」。

秋夕の慣習に潜む性差別的な慣行は、#NDK032でも話題にしました。

また、日常で使われる家族の呼称の問題点は、#NDK042で紹介しました。

0コメント

  • 1000 / 1000